<   2015年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

アンネのバラ



b0329186_10331613.jpg


おはようございます♪
8月最後の日ですね。

今年は暑く厳しい夏でしたが、
一挙に秋の気配が・・・
また残暑がぶり返すのでしょうか?
できればこのまま秋になってほしいです・・・


「冬のバラ

天気予報が雪を告げる日
それでもオレンジ色の蕾を用意して
咲いている一枝のバラ

生きるって
こういう
ことなのか」

例によって星野富弘氏の詩画集からです。



我が家に一本だけバラがあります。
「アンネのバラ」
アンネフランクにちなんで名づけられたバラのようです。

17年前にこの地に越してきたとき
おなじ町内の花好きの奥さんから
苗をいただき、植えたものです。
毎年春、秋には咲いて楽しませてくれます。

つぼみをつけているのは知っていましたが、
横着をしていたら、
ちょっと時期を逸したようです。
昨日くらいに写せばよかったな・・・

b0329186_19093521.jpg


by es-honobono-3 | 2015-08-31 10:42 | Comments(2)

夏の終わりに



b0329186_11193520.jpg

b0329186_11200131.jpg

b0329186_11201959.jpg

b0329186_11203821.jpg

b0329186_11205208.jpg

b0329186_11210854.jpg



こんにちは♪
8月ももう30日。
早いですね~

夏の終わりに咲く家の花です。


小学校卒業のとき、
サイン帳を回しあって
いろいろメッセージを交換し合ったのを
覚えています。

私は生意気にも
「歳月人を待たず」なんて書いたな~
はっきり意味がわかっていたのか
はなはだ疑問ですが・・・(^-^)

今はこの言葉、ヒシヒシと実感していますが。


by es-honobono-3 | 2015-08-30 11:28 | Comments(0)

フウリンブッソウゲ



b0329186_09423050.jpg

b0329186_09424667.jpg

b0329186_09431191.jpg



おはようございます♪

昨日帰京した娘一家、
お礼と着いたという報告の電話がありました。

「こちらへ帰ってくると
23度くらい。
道行く人はみんな秋物よ。」と言っていましたが、
今朝新聞の気温を見て、驚きました。
こちらは相変わらず33度超え・・・

大阪の夏は厳しく、暑く、長い・・・んですね。


今日はなんの意味もなく
フウリンブッソウゲを載せました。
私の大好きな花。

2002年から
自分の写した下手な写真を選んで、
カレンダーを作っています。
8月のカレンダーが「フウリンブッソウゲ」

フウリンブッソウゲをネットで検索してみました。
ハイビスカスの種類で
アフリカ、ケニアなどで多く見られるようです。


夏の疲れが出て、
まだボォーーーーーーーッとしています。



by es-honobono-3 | 2015-08-29 09:55 | Comments(0)



b0329186_07593100.jpg


b0329186_08001967.jpg


b0329186_08014906.jpg


b0329186_08023952.jpg


b0329186_08030213.jpg


b0329186_08032841.jpg


b0329186_08035358.jpg

おはようございます♪
帰省していた娘と孫,
昨日とうとう帰京しました。

一年に一度の帰省、
20日近くにぎわせてくれていたので、
やっぱり淋しい・・・ですね。
毎年味わう気持ちながら、
京都まで見送りに行き、
家の玄関をあけたとき、
玄関にいっぱい並んでいた靴がなく、
我々ふたりのつっかけだけ。
とても淋しい気持ちに陥ります・・・

母もこんな気持ちを味わっていたのかな・・・?と
亡き母に思いを馳せたり、
複雑な気持ち・・・


私もエンジンをかけなおして、
またボツボツカメラ持って
出かけたいナと思います。


今日は黄色の花を集めました。
元気がでそうで・・・
7月末に植物園で写したものです。


b0329186_08140989.jpg
のぞみが出た後の新幹線ホーム


by es-honobono-3 | 2015-08-28 08:12 | Comments(2)

難を転ず



b0329186_09430381.jpg


「難転

手と足が
不自由になって
歩けなくなりました
土を掘ることも
スキーをすることも
出来なくなりました
でも神様ありがとう
あなたが持たせてくれた
たった十グラムの筆ですが
それで私は花を咲かせたり
雪を降らせたり出来るのです
神様
ほんとにありがとう」


おはようございます♪
また星野富弘さんの詩画におつきあいください。


南天は「難を転ず」ということで縁起物だそうで、
17年前に
この家を新築して移ってきたときに
なにもない庭に一番に植えたのが「南天」です。

それを思い出しながらの今日のアップです。
首から下がマヒしておられて、
日常生活の何一つ自分ではできない体になりながらも
この前向きな姿勢。
頭が下がります。
と同時に、わが身を反省することしきりです。


9日から帰省していた娘と孫二人。
いよいよ明日帰ります。
にぎやかな毎日でしたが、
元の静かな生活に戻ります・・・

今日はみんなでお礼に家のお掃除をしてくれるそうです。
ありがたくしてもらいたいと思っています。





by es-honobono-3 | 2015-08-26 09:53 | Comments(0)



b0329186_08225570.jpg


b0329186_08232034.jpg


b0329186_08234076.jpg


b0329186_08235477.jpg


b0329186_08240536.jpg


おはようございます♪
台風の影響で、風の強い朝です。
各地に被害を及ぼさないでほしいですね~

昨日24日は孫孝行でひらパーへ。
夏休みも残り少ないためか、
チケット売り場は長蛇の列。
何十回も行っていますが、
こんなのは初めて。
チケットを買うのに20分もかかってしまいました。

小4と小2の孫はもう大興奮。
気に入った乗り物は10回くらいも乗ったそうです。
朝10時の開園から7時の閉園まで
存分に楽しんだようです。
楽しい思い出を作ってくれたかな・・・と思います。


夫と私はとてもそんなに長時間付き合えないと
3時ごろ帰宅しました。



by es-honobono-3 | 2015-08-25 08:35 | Comments(0)

ヒマラヤユキノシタ



b0329186_10450510.jpg

b0329186_10444982.jpg



「ヒマラヤユキノシタ

私が苦しんでいた時
どんなに寒くても咲く
強い花ですと
この花を
くれた人
今年も冷たい冬が来て
あの花が咲きました」


おはようございます♪
またまた星野富弘さんの詩画集からです。



私の「ヒマラヤユキノシタ」は
今年の3月、
大改修を終えた姫路城へ日帰りツアーで行ったとき、
写したものです。

姫路城は改修後数日後だったため
ものすごい人。
雨の中、天守閣へ登る列に並んでいましたが、
3時間待ち・・・ということで、
友人と私はあきらめました。
そして隣にある好古園へ。
好古園は初めてでしたが、
中は広く、庭園も見事・・・
桜をはじめ、いろいろなお花がたくさん咲いていて、
とても楽しむことができました。



私は結婚して最初に住んだのが姫路。
3年間の姫路生活でした。
ですから当時の姫路城には何回も行っています。
天守閣の中の階段は薄暗く、
急で、しかも古くて
恐かったのを覚えています。

姫路城へ行ったときは駅へ通じる商店街を
一本外れたところにある焼鳥屋さんへよく
寄っていました。
年取ったおばあさんと息子さんがしておられました。
あの焼鳥屋さんの味は今でも懐かしく思い出します。
あのようなおいしい焼鳥にはいまだお目にかかれていないな~と
思うような焼鳥でした。
今もやっておられるかな~
(食べ物の印象はとても強いのかな(´▽`))


by es-honobono-3 | 2015-08-23 11:12 | Comments(0)

オダマキ



b0329186_10014420.jpg

b0329186_09590526.jpg

b0329186_10031738.jpg



オダマキ(1986年)

いのちが一番大切だと
思っていたころ
生きるのが苦しかった

いのちより大切なものが
あると知った日
生きているのが
嬉しかった


おはようございます♪
またまた星野富弘さんの詩画集から。

私の写したオダマキは
今年の春奈良、西南院で写したものです。


by es-honobono-3 | 2015-08-22 10:08 | Comments(2)

さつき


b0329186_09253840.jpg

b0329186_09263215.jpg

b0329186_09280702.jpg

「銀行強盗

病院の庭にさつきが咲いた
母が銀行強盗でもするように
おどおどして
ひと枝折ってきてくれた

絵に描いて
となりのベッドの人に
見せると
「きれいな
ゆりだなあ」
といった。」

相変わらず星野富弘さんの詩画集からです。
b0329186_09283443.jpg



おはようございます♪
熱戦を繰り広げていた
甲子園の高校野球も終わり
爽やかな感動と涙をみんなに
与えてくれましたね。

なんだかもの淋しい気がしますね。
それと同時に
夏の終わりをヒシヒシと感じます。


時期はずれの花ですが、
我が家の近くで今年の春写したサツキです。
小規模ですが、
ここの川にはこいのぼりが渡されます。


by es-honobono-3 | 2015-08-21 09:36 | Comments(2)

ダリア



b0329186_09462983.jpg


「父の夢

夢の中の父は
手ぬぐいを首からぶら下げて
ダリアの咲く
庭に立っていた
無声映画のような
夢だったけれど
また父の夢を見られたらいいな
映画のようになつかしい夢
見られたらいいな」


おはようございます♪
今日は雨の朝です。

また星野富弘氏の詩画集からです。
不器用だったお父様への愛情が感じられる詩画です。



テレビでは中一生殺害のニュースが流れています。
見慣れた駅前の光景が写されるたびに
胸が痛みます。



b0329186_09484775.jpg

b0329186_09492740.jpg

b0329186_09472990.jpg

b0329186_09475999.jpg

b0329186_09500130.jpg

b0329186_09504307.jpg


ダリアの写真は
去年9月にガーデンミュージアム比叡で写したものです。

毎年9月になると残暑厳しい下界を離れて
標高900m余の比叡山へ出かけます。
10度近く温度が低く
涼が感じられます。


一番上のダリアは自分の中では好きな写真で
昨年のフォトブック2の表紙にしたものです。


by es-honobono-3 | 2015-08-20 10:03 | Comments(0)