人気ブログランキング |





b0329186_08045466.jpg


b0329186_08043766.jpg


b0329186_08042379.jpg


b0329186_08035922.jpg




今日は「菊」
ウィキペディアで調べてみました。

「キク目」
「キク科」
「キク族」

日本で、
観賞用に発展したものを「和菊」
ヨーロッパで育種され生まれたものを「洋菊」というそうです。


私は、
花の中では。
カンナ、キンセンカ、キクが
あまり好きではありません。
でも、キクを育てるって、
本当に手間がかかるんだろうなとは
思います。

昔、
卒業して、
実家に帰り、
仕事をしていたころ、
大学の同窓会が、
菊を栽培しておられるところで、
開かれたことがあります。

おいしい菊料理の数々を
いただき、
お土産に
抱えきれないくらいの菊を
いただいて帰ったことは、
今でも本当にいい、懐かしい思い出です。

昔は枚方で
「菊人形展」が開かれていて、
全国的にも有名でした。
母にでてきてもらい、
一緒に見たのも、
懐かしい思い出です。」

枚方の菊人形が
廃止されたとき、
人形に使う小菊の高騰、
職人さんの確保が難しい・・・という
理由だったと、
記憶しています。

私は濃いえんじ色の菊が好きです。


# by es-honobono-3 | 2019-11-04 08:06 | Comments(4)

家の近くで





b0329186_07355586.jpg
八重の山吹

b0329186_07352095.jpg
ムラサキツユクサ

b0329186_07350312.jpg
柿(渋柿かな?)


b0329186_07335986.jpg

ツバキの実



寒くなりましたね。
ついに、
ホットカーペットをつけています。

今日は残り物。
家の近くで、
写しました。


山吹というと、
有名な、
太田道灌の歌が、
思い起こされます。

「七重八重
花は咲けども
山吹の
実の{蓑)一つだに
なきぞ悲しき」

急な雨に、
立ち寄った家の
少女が、
貸してあげる蓑もないと
言ったといわれています。

それにしても
昔の人は、
風情がありますね。

私なんか、
どんなに頭をひねっても
なんの歌も出てきません・・・

ツバキというと、
伊豆大島へ旅行した時に、
落ちている椿の実を
いくつか拾って帰りました。
そのうちのいくつかが、
見事に実を結びました。
何輪かは、
花を咲かせてくれます。


# by es-honobono-3 | 2019-11-03 07:38 | Comments(2)

コスモス




b0329186_08175314.jpg



b0329186_08173538.jpg



b0329186_08172198.jpg



b0329186_08170245.jpg



b0329186_08163113.jpg



今日は「コスモス」
秋の花と追うと、
真っ先に思い浮かぶのが
コスモスではないでしょうか。

このあたりで、
コスモスというと、
京都・亀岡夢コスモス園とか、
法華寺?など、
ありますが、
今年は体調があまりよくなく、
入、退院も二度あり、
出かけていません。
近くの河原で写しただけです。

「キク科」「キク目」の一年草です。
ピンク、白、赤・・・
色々な色のコスモスが見られます。

私は一重より、
八重が好き。
一番好きなのは、
「シーシェル」と言って、
先が丸くなっているのが、
好きです。
来年はぜひ、
行って見ようと思います。


# by es-honobono-3 | 2019-11-02 08:19 | Comments(4)

近くの川べりで





b0329186_07502119.jpg
ランタナ


b0329186_07491548.jpg
モミジアオイ


b0329186_07490413.jpg

バラ

b0329186_07484962.jpg

百日紅


b0329186_07483521.jpg

タイタンビカス

b0329186_07495263.jpg

今日から11月。
本当に早いですね。
今年も後二ヶ月になってしまいました。


今日は家の近くで写したものです。


首里城が跡形もなく、
焼け落ちてしまいました。
数年前に訪れた、
美しい首里城の姿が、
懐かしく思い起こされます。
義妹のいとこ夫婦が住んでいて、
宿泊先の、
丸山大飯店へ、
訪ねて来てくださり、
一緒に食事をしました。
10人のツアーで、
家族的な雰囲気の旅行でした。

何回目かの消失のようですが、
再建には、
膨大な年月、
膨大な費用がかかることでしょうね。
涙を流しながら、
インタビューに答える
沖縄の方の姿が、
目に焼き付いています。


# by es-honobono-3 | 2019-11-01 08:01 | Comments(2)

サンタンカ

b0329186_08392649.jpg


今日は「サンダンカ」(三段花)
別名サンタンカ」(山丹花)
中国南部からマレーシアにかけてが
原産地。

「アカネ科」
沖縄から九州にかけては、
半ば野生化しているそうです。


沖縄の首里城が焼けましたね。
原因は何だったんでしょう。
沖縄旅行した時に、
寄った美しい首里城の姿が、
目に浮かびます。

戦後焼けて、
二度目なんですね。
世界遺産なのに、
ほんとに惜しいですね。








# by es-honobono-3 | 2019-10-31 08:55 | Comments(2)

トックリキワタ





b0329186_08105504.jpg



b0329186_08102025.jpg



b0329186_08064884.jpg





今日は「トックリキワタ」
徳利によく似た形です。
これで、
お酒を飲んだら、
一体どのくらいの量になるのだろうか?
何千人、いや何万人も飲めることでしょう。

「アオイ科・アオイ目・パンヤ科の落葉高木。
(ウィキペディアによると}

沖縄では、
南米桜とも呼ばれているとか・・・
樹皮には、
鋭いトゲが生えているそうです。
熟してくると、
実が割れて、
中の綿が飛びだすそうです。
用途は、
クッションの中身。
比重が軽いので、
救命士のつける、
救命具の中身に
使われるそうです。

華はピンクの濃淡の
かわいい花です。
かなり大きく、
15~20センチはあろうかと思われます。
花も写したことがあるのですが、
パソコンを買い替えて、
なくなってしまいました。

寒くなりましたね~
暑がりの私も、
寒い、寒いを連発。
ホットカーペットを
つけています、
座卓の上に、
炬燵布団をかけています。
日が短くなるし、
冬はきらい・・・
早く春になってほしいものです。


# by es-honobono-3 | 2019-10-30 08:15 | Comments(4)

ヒメショウジョウヤシ






b0329186_08334287.jpg



b0329186_08340296.jpg



b0329186_08341868.jpg



b0329186_08343385.jpg




今日は「ヒメショウジョウヤシ」
「ヤシ科」
「ショウジョウヤシ属」の一種。
スマトラ原産。
このヤシは、
マレーシア、
ニューギニア、モルッカ諸島に、
11種分布。
(ウィキペディアより)

写真がボケていますが、
赤と緑の、
くっきりした竹です。

風邪もだんだんよくなってはいますが、
あともうすこしでしょうか。
全快には・・・


# by es-honobono-3 | 2019-10-29 08:45 | Comments(4)

ラン





b0329186_07384837.jpg


b0329186_07381477.jpg


b0329186_07330897.jpg


b0329186_07344887.jpg


b0329186_07323150.jpg


b0329186_07360456.jpg


b0329186_07363902.jpg


b0329186_07371534.jpg




今日は「ラン」
世界では、
700属、15000種。
日本では、
75属、230種あうそうです。

やはり、ランは花の中でも、
最も豪華ですね。
お誕生日にもらったら、
最高。
とても長持ちしますし。



# by es-honobono-3 | 2019-10-28 07:40 | Comments(2)

スイレン





b0329186_08285500.jpg



b0329186_08331040.jpg



b0329186_08335889.jpg



b0329186_08341775.jpg



b0329186_08353168.jpg



b0329186_08344982.jpg



b0329186_08320630.jpg





今日は「スイレン」
外で、咲いていたので、
「温帯スイレン」でしょうね~
咲くやこの花館で写しました。

家から行ける範囲では、
植物園が4か所か、
5か所ありますが、
私は咲くやこの花館が一番好きです。
他では見られない花がたくさんあるんです。
ヒマラヤの青いケシも見られます。

まあ、それぞれの植物園には、
それぞれ特徴があります。
宇治は、
日本一を誇る「花の立体タペストリーが見られます。

花の文化園は、
不要になった、
植木鉢で、
人形が飾ってあり、これまたとても楽しめます。


帰福したときに、
夫の同級生のところへ寄りました。

不動産やさんを経営しておられます。
夫の土地、
弟の土地。
{弟はもう他界しているので、
甥が相続しています。)
どちらももうそこは必要ないので、
売るように手配してもらいました。

うまく売れるといいのですが・・・
税金がバカになりませんので。



# by es-honobono-3 | 2019-10-27 08:49 | Comments(4)

ヤマドリヤシ






b0329186_07404342.jpg




b0329186_07382701.jpg




b0329186_07380884.jpg



今日は「ヤマドリヤシ」
別名「アレカヤシ」
「コガネタケヤシ」

原産はマダガスカル、
アフリカなど熱帯雨林地区

ヤシ科の常緑樹。
わが国には、
明治末期に渡来。
原産地では、
7、8メートルにも及ぶようです。
日本では、3、4メートルくらいでしょうか?
それでも上からぶら下がって、
ユラユラ揺れている様は壮観です。

2日ほど、
帰福してきましたが、
まだ疲れが取れない状態です。
年取ると、
なかなか取れないです。

お薬がもうなくなっていたので、
昨日はいつものかかりつけの内科へ。
以前診ていただいていた先生は、
院長先生なので、
もう外来はやめられました。
3人おられたので、
受付の方に任せました。
心配していたお薬も、
3ヶ月分出してくださって、
ホットしました。
お医者さんは、
雰囲気だけで、
疲れますから・・・

# by es-honobono-3 | 2019-10-24 06:51 | Comments(2)